再就職支援センター

和歌山県再就職支援センターは、「就活サイクルプロジェクト」の取り組みの一環として働きたいあなたをとことん応援いたします。

ホーム > 詳細検索 > 検索結果 > 株式会社総本家駿河屋

和歌山県では、「就活サイクルプロジェクト」に取り組んでいます。
結婚や出産等で一度離職した女性、定年退職された方、都会からのUターン就職を希望する方等が4月から再就職するため、採用情報を掲載しています。
「株式会社総本家駿河屋」は本プロジェクトに参画しています。

株式会社総本家駿河屋

お菓子のある暮らしをお届けして550年

寛正2年(1461年)に創業以来、伝統を受け継ぎながら、少しずつ、少しずつ、前へ。より美味しく、世の人に喜ばれる菓子を目指して飴を練る。
当社は、550年を超える想いを抱き、 今日も美味しい菓子をつくり続けます。

企業プロフィール

室町時代中期。京都伏見で、初代・岡本善右衛門が「鶴屋」という名で創業したのが総本家駿河屋のはじまりです。安土桃山時代には豊臣秀吉に取り立てられ、江戸時代には徳川頼宣公に伴い和歌山入りし紀州徳川家御用菓子司を賜ります。
また五代目・岡本善右衛門は「煉羊羹」の製法を考案し現代にまで続く「羊羹」の基本を築きました。「駿河屋」を名乗るようになったのは1685年、徳川綱吉公のご息女が紀州徳川家にご降嫁された時です。

採用担当者からのメッセージ

当社の菓子は、四季の行事、慶弔事にお使いいただくことも多く、お客様から相談を受け、慣わしなどをアドバイスさせていただきます。
そのような場面で「駿河屋さんに来て良かった」と喜んでくださるお客様の姿を自身の喜びと思える人を募集しています。

総務部 河合正規

会社概要

企業名 株式会社総本家駿河屋
企業名(カナ) ソウホンケスルガヤ
業種 製造業、卸売業,小売業
事業内容 和菓子の製造販売
本社所在地 〒649-6261
和歌山市小倉25番地
マップ マップを見る
創業 寛正2年
設立 平成26年
資本金 30,000千円
売上高 350,000千円
主要顧客
主な顧客が個人であるためデータなし
代表者 岡本良太
従業員数
正規社員
19名(男性14名女性5名)
非正規社員
49名(男性4名女性45名)
女性管理職の有無 あり
シニア再雇用の実績 あり
平均年齢(正規社員) 51歳
平均勤続年数(正規社員) 2年6ヶ月
平均有給休暇消化率 47%
育児休業取得実績 あり
電話番号 073-477-7151
FAX 073-477-3444
URL http://www.souhonke-surugaya.co.jp/

中途採用先輩社員の声

男32歳(入社時31歳)
大阪に通勤してシステムエンジニアとして仕事をしていましたが、通勤の負担と深夜に及ぶこともあるハードワークに一生続けていく仕事として不安をもっていました。
そんな時に就職フェアで駿河屋の説明を聞き転職しました。
今は、通勤も負担にならず、ほぼ定時に帰れるので心身ともに安らぐ時間を持てるようになりました。
収入は少し減りましたが、菓子衛生士資格の取得という目標を持って頑張っています。

女性活躍推進のための取組

フルタイムで働いていても、結婚、出産、子育て、転居など生活環境の変化で仕事をできる時間も変化しがちですが当社なら安心です。出産後は保育時間に合わせて、小学校の下校時間に合わせて、手が離れればまたフルタイムでと生活環境に合わせた勤務時間の選択に柔軟性があります。また、転居しても和歌山市近郊であれば転居先から近いお店に変わることも可能なので、それまでのスキルを活かした仕事を続けることができます。

職場見学

株式会社総本家駿河屋の採用情報

女性応援 Uターン歓迎

雇用形態:パート・アルバイト
採用人数:営業1名 販売1名 製造1名
職務内容:営業 法人客先等への営業 販売 当社直営店舗及び百貨店での接客販売 製造 和菓子の製造及び製造補助

室町時代中期。京都伏見で、初代・岡本善右衛門が「鶴屋」という名で創業したのが総本家駿河屋のはじまりです。安土桃山時代には豊臣秀吉に取り立てられ、江戸時代には徳川頼宣公に伴い和歌山入りし紀州徳川家御用菓子司を賜ります。また五代目・岡本善右衛門…

詳細を見る

一覧へ戻る

和歌山県再就職支援センター

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に下記まで。
TEL:073-421-8080
FAX:073-424-0230

メールによる
お問い合わせはこちら>>>

和歌山市本町1丁目22番地
Wajima本町ビル3階(紀陽銀行向かい)
※ジョブカフェわかやまと同じビルの3階です。
ご利用時間:9:30~18:00
(毎週火曜日、祝日、年末年始を除く)

アクセスマップ>>>