採用情報

  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 検索結果
  4. 株式会社第一テック

和歌山県では、「就活サイクルプロジェクト」に取り組んでいます。
結婚や出産等で一度離職した女性、定年退職された方、都会からのUターン就職を希望する方等が4月から再就職するため、採用情報を掲載しています。
「株式会社第一テック」は本プロジェクトに参画しています。

株式会社第一テック

”株式会社第一テックは「オンリーワン」を目指します”

相互信頼により夢ある会社作りと人材育成、社員の幸せを追求しています
安全はすべてに優先し、お客様に満足して頂ける品質を提供いたします
技術の向上に励み、地域社会への貢献とオンリ-ワンを目指します

企業プロフィール

弊社は昭和17年に創業、平成29年度創業75周年を迎え、電気・電気通信・管・水道・消防・土木等の国・県・市町村・大手ゼネコン・JR西日本・関西電力等に係る工事やメンテナンスを請負い、主に現場施工及び管理監督業務を行っています。 田辺市に本店、印南町及び和歌山市に支店を構え、総合設備工事業として公共工事から民間工事まで巾広く数多くの工事を受注し、業容拡大に取り組んでいます。
安全はすべてに優先し、常に技術・技能の向上に取り組んでいます。
地域社会に貢献できるナンバ-ワンではなく、どこにも真似のできないオンリ-ワンの企業を目指しています。
人材の育成に特に力を入れ、優秀な社員を養成し、社員・会社・お客様との相互の信頼関係を築くことを使命としています。 
夢のある会社作り、社員それぞれの幸せを追求しながら、これからも社会に貢献できますよう、より一層研鑽・精進してまいります。

先輩が語るここが魅力

電気工事関係の仕事がしたかったので、御坊市にある和歌山工業高等専門学校の電気科へ進学しました。実家から通える会社への就職を希望していたので、印南支店のある当社に入社しました。配属されている工事課Ⅰは、工事中のトンネルの仮設電気工事がメインの仕事になります。また、出来あがったトンネル内に照明を取り付ける本設工事や照明の改良・改修工事なども行います。自然災害による緊急的な仕事もあって、土砂ダムから水を抜くためのポンプの電気工事にも携わりました。私たちの仕事は免許なしではできません。私は入社してから第一種電気工事士の資格を取得し、その後1級電気施工管理技士にも挑戦し取得することができました。当社は積極的にバリバリと働きたいという人に向いているところだと思います。現場での監督業や電気の配線工事、図面の作成業務、積算・見積書作成など何でも経験できます。やる気と向上心さえあれば、幅広い分野でスキルアップが可能な会社です。

会社概要

企業名 株式会社第一テック
企業名(カナ) ダイイチテック
業種 建設業
事業内容 総合設備工事業 ( 電気工事・電気通信・管工事・水道施設・消防施設・土木工事 等 )

本社所在地 〒646-0051
田辺市稲成町336-1
マップ マップを見る
創業 昭和17年1月
設立 昭和39年1月24日
資本金 3,600万円
売上高 17億80百万円(平成29年8月末現在)
主要顧客 官公庁 関西電力 西日本旅客鉄道 西日本高速道路 大阪航空局 ゼネコン各社
 
代表者 朝間 一議
従業員数
正規社員
64名 (男性60名 / 女性4名)
非正規社員
1名(女性1名)
シニア再雇用の実績 あり
平均年齢(正規社員) 39歳
平均勤続年数(正規社員) 10年
平均有給休暇消化率 30%
特許、表彰、認定等 ISO9001(2003.7.29)・建設業許可 和歌山県知事(特-28)第623号・ 特定建設業許可 和歌山県知事(般-28)第623号・無災害無事故完遂表彰(西日本旅客鉄道 2014.5.12) ・ 優良工事表彰( 近畿地方整備局 2015.7.31 2016.11.10 2017.7.25) 他
電話番号 0739-26-2300
FAX 0739-26-1123
URL http://www.daiichitech.co.jp

中途採用先輩社員の声

和歌山県出身、工業高等専門学校卒業、一級管工事施工管理技士として、永らく県外の建設会社に勤務しておりました。 工事現場では何か月も社宅に住込みながら、現場監督として従事し、設計・積算・見積り等から施工管理まで一通りの仕事は身につけました。 いずれは地元和歌山で働きたいと思い、求人募集に登録していたところ、県の機関を介して、私の経歴に興味を持って頂き、声をかけて頂きました。  これまでの経験を活かし、直ぐに仕事を任せてもらい、また若手の指導教育にも力をかしてほしいと言われ、とてもやりがいを感じています。 これからは仕事を通じ地元地域社会に貢献しながら、今日までの経験を若手に引き継ぎ、優秀な人材を育てていきたいと思っています。 

職場見学

このページの先頭へ