すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012

すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 page 66/70

電子ブックを開く

このページは すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 の電子ブックに掲載されている66ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
のイメージは「ポジティブで、信念ともと抱いていた、企業で働く人々が聞けるか楽しみでした。私がもティブなイメージはなく、どんな話平元々会社に対して、あまりネガちとも話してみたかったです。かったのですが、....

のイメージは「ポジティブで、信念ともと抱いていた、企業で働く人々が聞けるか楽しみでした。私がもティブなイメージはなく、どんな話平元々会社に対して、あまりネガちとも話してみたかったです。かったのですが、一般の社員の方た後藤偉い方へのインタビューが多切なんやなと思いました。社長もいる。あと、会社理念って大ば、逆に社員とは一線を引いているレンドリーに接している社長がいれいると思いました。社員に対してフ前社長にもいろんなタイプの人ができました。いう人たちが働いているんだと実感りやすく教えてくれましたし、こう方々は自分たちと同じ目線で、わかいだかなと思っています。担当者のえて、自分自身ではイメージは和らを通して、会社のありのままが見が、現場や工場などでの現地取材ピラミッド型を想像していたんですを持っていて、社長、部長、係長…井上僕は『企業=堅い』イメージりましたね。対するネガティブなイメージは変わ仕事に取り組んでいたので、仕事に「やる気、熱意、楽しさ」を持ってですが、取材対象の現場の人たちは活に必要」というイメージだったん事は「面倒くさい、大変なもの、生のが大きかったです。僕の中で、仕て、企業が何をしているのか見えた高橋このプロジェクトに参加しした感想から。──まずはこのプロジェクトに参加就けるよう頑張りたいと思います。で、自分に合うような会社、職種にました。たくさんある良い会社の中か、そう目指したいとか、強く思い時、自分もそんな人になりたいと叶各企業が求める人材像を伺ったいけないなと自己啓発になりました。とわかりました。私も頑張らないとを発揮していくことが大事なんだな助けを借りながら、出せる限りの力て(=ブランドの確立)、みんなに人」というのを周囲に認めてもらっるから、その中でまずは「自分、個す。会社っていろんな人が集まって立させる」というお話があったんでンタビューで「自分のブランドを確平タカショーさん(36頁)へのイる意識が高まりましたか?──企業取材を通して、就職に対すできました。きて、より一層認識を深めることがや企業に対する考え方などが共有でだチームで、みんなそれぞれの想いなったと思います。学生たちで組ん方がメインだから、とてもために叶普段の授業と違って、実践する時間でした。話が聞けて実感できたので有意義なこのプロジェクトに参加して実際にた。それまで想像していたことが、しいことなんだなと改めて思いましのですが、嫌なことではなく、楽た。会社で働くのはもちろん大変な私が話した人もそういう人が多かっいうのを想像していたのですが、持ってる人で、社長が好きで…」と【和歌山県企業認知度向上プロジェクトを終えて】『若者への認知度向上』というミッションを遂行すべく、学生たちは数多くの企業に取材を行い、このガイドブックを作成しました。プロジェクトの最後に、制作を終えた学生たちが再び集結。和歌山の企業イメージや取材を終えた感想などを話し合いました。(写真前列左より)前綾香さん(経済学部1回生)、後藤航さん(経済学部1回生/プロジェクトリーダー)、平彩乃さん(経済学部1回生)、(写真後列左より)高橋弘樹さん(経済学部2回生)、井上一輝さん(システム工学部1回生)、大串恵太キャリアオフィス特任助教※叶志恩さん(ヤップチーエン/経済学部3回生)は撮影時不参加。学生がミタ|すごいやん!和歌山の企業66