すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012

すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 page 61/70

電子ブックを開く

このページは すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 の電子ブックに掲載されている61ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
ナギサビール直営店レストランBARLEY(バーリィ)ナギサビールの主な材料は水と麦水は、モンドセレクション10年連続最高金賞を取っている『富田の水』を使用。また、麦はたっぷりと使うことでビールの味をグッと良く....

ナギサビール直営店レストランBARLEY(バーリィ)ナギサビールの主な材料は水と麦水は、モンドセレクション10年連続最高金賞を取っている『富田の水』を使用。また、麦はたっぷりと使うことでビールの味をグッと良くします。現在は麦の値段が高騰しており、ビール系飲料の製造にも影響を与えているそうです。しかしそのような状況だからこそ、ナギサビールさんは味を良くして、商品を磨くことを選んだそうです!また、ビールを造る楽しみについて伺うと、『味付けを無限に変えられること。材料選びと量の調整、温度管理が味の決め手になる重要な要素です。あとはラベルやパッケージのデザインにこだわることですね』と、中身からパッケージまで、ビール造りへの情熱とこだわりが垣間見えました。2パターンあります。ひとつはまじめで一生懸命で明るく、人の和をとりもって仕事をしてくれる人。もうひとつは感性豊かで企画力に長けた人。学生の時は正しいか間違っているかで判断されますが、社会に出ると好き嫌いで選ばれるようになります。それは店や会社はもちろんのこと、自分自身がお客さんに選ばれるようになろうと思ったら、お客さんが求めているものを察知する感性というのを常に意識していかなければと思います。あとは、ビールの販売会社だからと言って、お酒に強くなくても大丈夫です。もちろんビール好きに越したことはないですが、飲めない人こそ役に立つこともあります。例えば、飲めない人はテイスティング感度が高いこともありますよ。(真鍋社長)料理はどれもシェフのこだわりの逸品!夜はもちろん、ランチも人気!!ナギサビールで乾杯♪手作りのケーキも充実しており、喫茶感覚で楽しめる!おすすめのメニューはドイツ人のシンドラーさんから仕入れている、ハムとソーセージ。なんとシンドラーさん自身も元はビールの職人だった!【DATA】〒649-2211和歌山県西牟婁郡白浜町2927-557TEL:0739-43-7373FAX:0739-42-3635[営業時間]午前11時~午後10時[定休日]毎週水曜日[アクセス]JR白浜駅~明光バス三段壁行き、南千畳下車すぐ[ホームページ]http://www.nagisa.co.jp/barley/バーリィ店内きるようにしたいですね。その観光のお客さんが工場を見学で現在は断っているのですが、ナギサの目線ないですね。う。その会社に合わないって、かりは自分で解決していくしかかりすることは少なくないと思験してきたことですが、これば双方からしても合わなくてがっしまいます。これは自分自身経側の両方を経験しているけど、しまうと、自分の人生を損して自分は勤める側と受け入れるせいにばかりにして誤解をしてとだと思う。すよ。ただ、それを環境や人のに合わせるっていうのは大事なこできる人はそれでいいと思いま職したら、自分から会社の環境本当に前向きに環境を変えたりビールについて熱く語る真鍋さんと思います。働いているスタッフのためになるもなるし、今の自分や、一緒にるし、スタッフを増やせることに地域の観光に役立つことにもなしたいと思っています。それがために、もっと広い工場に移転61学生がミタ|すごいやん!和歌山の企業