すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012

すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 page 57/70

電子ブックを開く

このページは すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 の電子ブックに掲載されている57ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
7:15出社自らの強みと弱みを自覚する。それが「ニッチトップ」への第一歩!の形の種類は何万種類にも及ぶそう。戦前から、ボタンの製造元として地元でも有名であったカナセ工業。今回はアクリルシート事業に重点を....

7:15出社自らの強みと弱みを自覚する。それが「ニッチトップ」への第一歩!の形の種類は何万種類にも及ぶそう。戦前から、ボタンの製造元として地元でも有名であったカナセ工業。今回はアクリルシート事業に重点を置きインタビューさせていただきました。その中からは、中小企業としての弱みと強みをはっきりと捉えたうえで、常に前進していくべきであるという真摯な思いを感じることができました。大手にはない強みである「小回りの良さ」を武器に、とことんニッチを追及する姿。細やかな企業対応で常に顧客の創造の先を狙う、「価値創造企業」カナセ工業の姿勢を垣間見た気がします。弊社では基本的に現場の作業員は高卒を採用しております。営業や技術職については必要に応じて、大学あるいは高専などに不定期に募集をかけています。面接でまず確認するところとしては、こちらの目を見て話しているかどうか。次に受け答えが明確であるか、の2つです。工場ではグループごと、チームごとに作業を行うため、協調性が何よりも求められます。本人の実際の能力は作業に従事しないと分からないところが多いため、面接では大きくこの2つがポイントとなっています。壁に掛けられたボタンサンプル。ボタンんてことになり、マイナスのスら何もできずに寝てしまう、ないと、仕事を終えて家に帰った8:00朝礼、始業12:00昼休憩12:40操業再開15:00交代で休憩(10分間)17:00終業く人が多いので、もし体力が無ているくらいですからね。(笑)。うちの会社は現場で働今じゃ、国がケアに回ろうとし体力が無くてもう大変ですねように感じます。なんてったってまったせいかもう。自分がし40歳れをませ超んえがて、して基本的なところが弱っている最近の学生は、どうも人としまず体力をつけることでしょですよ(笑)。製造現場の社員さん(昼勤)の一日近はストレス溜まってばかりなんしておくべきことトレスは伴います。私だって最総務部で労務・資材管理担当の西崎忠裕さん就職前にうし、希望通り就職できてもスに就ける人って中々いないでしょぐようにと気も配っていますよ。す。全て自分の希望通りの仕事ので、ほかの従業員の気が和らス解消法を見つけておくことで配りだ」と言われたこともあるから。あとは自分なりのストレまた、以前「総務の仕事は気パイラルにはまりかねないです左)厚さ50ミリのアクリルシート。複数のアクリルシートを樹脂によって重ねています。右ページ円内)アクリルシートのサンプル。サイズや厚みだけではなく、豊富なカラーバリエーションも強み。57学生がミタ|すごいやん!和歌山の企業