すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012

すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 page 56/70

電子ブックを開く

このページは すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 の電子ブックに掲載されている56ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
アクリルシート製造田辺市カナセ工業株式会社かなせこうぎょうかぶしきがいしゃ【所在地】〒646-0051和歌山県田辺市稲荷町204-1【TEL】0739-22-7651【創業】1919年【代表取締役】金谷照男(会長)、金谷清道(社長)....

アクリルシート製造田辺市カナセ工業株式会社かなせこうぎょうかぶしきがいしゃ【所在地】〒646-0051和歌山県田辺市稲荷町204-1【TEL】0739-22-7651【創業】1919年【代表取締役】金谷照男(会長)、金谷清道(社長)【従業員】156人【URL】http://www.kanase.co.jp/「ワールドニッチトップ」を目指して1959年以来、50年余りにわたってアクリルシート事業に携わってきたカナセ工業。伝統あるボタンの製造事業とともに、大手に無い強みでワールドニッチトップを目指しています。総務部の西崎忠裕さんにお話を伺いました。で製販一体を目指し、大手メーに戦っていけるんでしょうけど、せんからね。製造で相互連絡を密に行うこともあればそれこそ大手とも対等はきちんと認めなければなりまやすい環境にあります。販売とのです。オンリーワンの技術でないはありますが、相手の成果りも工場と迅速な連絡を取り員一同一丸となって向かっている人それぞれ、性格的に合う合わら、逆を言えば大手メーカーよないところに焦点を当てて、社的に見るよう努力しています。手と比べれば小さな会社ですか参入しても大きな利益が上がらの仕事が多いので、相手を客観大手になってきます。うちは大参入しにくい、あるいは大手がスも私がしてるんですよ。対人競合先といえばほとんどがこで我々はニッチという大手が社のWebページのメンテナン規模で押されてしまいます。そが多いですね。例えばうちの会~強みと戦略~いんです。どうしても経済的なか、型にはまらない仕事のほう競争の中で手に対等に勝負することは難し社への問い合わせへの対応ですとはり国内では大手メーカーを相に始まり従業員の健康管理や会応できます。場」という意味があります。や事は幅広くあります。人事関係2メートル×3メートルまで対転じて「専門的で小規模な市中小企業の総務ですから、仕から50ミリまで、サイズは最大ま」などの意味がありますが、クリルシートは、厚さは2ミリ現在の仕事の内容あります。「ニッチ」には「すきズにも沿えるんです。うちのアルドニッチトップを目指して」とるとか、そういった細かいニーまたWebページには「ワーせんから、難しいところです。能で、サイズであるとか色であの獲得に努めています。のものでないと武器にはなりま製法は多品種小ロット生産が可そういった細かな対応から顧客オンリーワンというものは余程法を採用しています。キャスト文でもすぐに出せたりします。種類あり、うちではキャスト製ですが、うちは夕方に受けた注アクリルシートの製法には2の午前までの受付になりがち上げの約8割を占めています。即日出荷ができるのはその日ますが、アクリルシートが売り大手メーカーとなると、アクリルシートの製造を行っていでしょうか。ら始めました。現在、ボタンと荷が非常に速いということアクリル事業は1959年か強みは受注を受けてからの出ています。ですから、うちのアクリル事業についてカーでは出来ない対応を心掛け和歌山紀の川・伊都海南・海草有田・日高田辺・西・東牟婁学生がミタ|すごいやん!和歌山の企業56