すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012

すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 page 51/70

電子ブックを開く

このページは すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 の電子ブックに掲載されている51ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
7:55朝礼日本のものづくりのすごさを実感て分資くか料だりをさやい使すまいくしなた説が。明らし、中紀精機さんへ取材に行った時は、ものすごい雨が降っていました。本社工場は、市街地から離れた自然に囲まれた場....

7:55朝礼日本のものづくりのすごさを実感て分資くか料だりをさやい使すまいくしなた説が。明らし、中紀精機さんへ取材に行った時は、ものすごい雨が降っていました。本社工場は、市街地から離れた自然に囲まれた場所にあるため、車、バイクがないと通勤はつらいだろうと感じました。ほとんどの社員さんは県内出身者で、地元在住とのことです。社宅もあるそうですよ。企業説明は、プロジェクターを使ってとてもわかりやすく説明して下さり、文系の私でもしっかりと理解することができました。工場で作っているインダクタも実物を見せていただきましたが、とても小さく、砂粒のようでした。こういうものが私たちの身近な電気製品のほとんどに入っていると聞き驚きました。取材にいって素直に科学・工学への興味がわき、日本のものづくり企業はすごいと感じました。求めるのは、自ら考え、行動する人。新入社員獲得のために企業説明会を開いたり、大学へ行ったり、工場見学会を開いたり等、いろいろなことをしています。採用人数は、採用計画に基づいてここ数年大体横ばいですね。面接時は、自分で自分の考えていることをしっかりと伝えることが大事です。最近、それがよく分からないことが多いので。具体的に言うと、こちらが聞いた事に対して的確に返し、相手の目を見て話していて、その内容もポイントをしっかりとおさえていることですね。女性への育児等のサポートについても正規・非正規問わず、充実させています。い事だと思います。学生のうち違いは、人に迷惑をかけられな学生と社会人との一番大きな8:00トイレ掃除毎朝の日課です。8:20業務開始パソコンでの業務が中心です。10:0010分休憩午後は15:00にも10分休憩があります。12:10~13:00昼休み弁当など、昼食をとります。17:10奥から岡本さん、津村さん業務終了残業はあまりありません。くいですね。育てようかという計画が立てにいのかや、その人をどんな風に本当にその人に仕事を任せて良と、実際に仕事をするときに、自分から発信してもらわない管理部津村昌樹さんの一日ミュニケーション力が必要です。製造といえども、仕事にはコ管理部の津村さんいと思います。言葉のキャッチいようですが?。と言いますか、インパクトが弱ように思いますね。ちょっと厳し岡本さん最近の学生は、なん「分からない」という人が多いことについて簡単に「できない」が求めていることや、知りたい最近の学生についてボールが上手く出来ず、こちらておけば良かったと思います。学生のうちにもっといろいろやっですね。仕事をしている中で、「時間」を活用してもらいたいのを見つけて、学生にしかない何でもいいので、打ち込めるもてやって欲しいです。学業でもいうようなものを、何か見つけれは絶対に他人に負けない」と津村さん学生のうちに、「こなってしまいます。りませんから、全体の問題にションや連携を取らなければな会人になると周りとコミュニケーは個人の問題で済みますが、社51学生がミタ|すごいやん!和歌山の企業