すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012

すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 page 35/70

電子ブックを開く

このページは すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 の電子ブックに掲載されている35ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
サンコーを支える角谷社長の想いと実践インタビューの中でまず感じたことは、角谷社長はとてもお話が面白い方だということです。長時間に渡って話していただいたにもかかわらず、ほんの一瞬のように思えました。為に....

サンコーを支える角谷社長の想いと実践インタビューの中でまず感じたことは、角谷社長はとてもお話が面白い方だということです。長時間に渡って話していただいたにもかかわらず、ほんの一瞬のように思えました。為になる話や、どんな内容でも具体例を挙げて話してくださるので、学生の私たちにもとても分かりやすかったです。また、社長は先代の考え方や、よいと思う偉人の考え方を大切にして実践していることが伺えました。それを社員と共有していくことを通して社長自身が社員の方と積極的に交流しようとしていることで、会社全体がまとまっていると感じました。求めるのは素直な人。素直な人が一番強いです。人の話を聞いて、まっすぐ受け止めることが出来る人。当社は社長の私と社員の距離が近いので、私自身もそういう人には力になりたいと思うし、周りの社員も力になるし、仕事がいい方向に進んでいくと思います。また、最低3年は辞めずに、仕事を好きになる努力をしてほしいです。仕事を好きになって、スタッフを好きになって、商品好きになっていくと、いい気分で仕事ができて、うまくいくと思うので、そのような努力ができる人を求めています。(角谷社長)大学生に求める、今、しておくべきことby角谷社長魅力のある人間になることを目指したらいい。ここでいう、魅力のある人とは経験のネタが豊富な人のことです。犯罪以外は何でもしたらいい。とにかく、経験と体験をすることが大切なのです。「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」という言葉のように、人にどう思われているかは気にせず、自分がしたいことになんでも手をつけていったらいいのです。迷う時こそ、やるべきだ。また現在、就職難といわれるなか就活をしている人に伝えたいこととして、『こんな環境で就活できてありがたい』って思って、就活することが出来たらいいと思う。苦労は自分を成長させるので、考え方一つで置かれている状況は変わってきますよ。あらゆる製品がお客様の声から生まれている。る度に何度も繰り返します。します。この習慣は、月が替わを話し、それに上司がコメントに社員が輪読し、どう感じたかまた、仕事の心得を朝礼の時為になるのです。これらの言葉はふとした時に、り、合計8つくらいあります。1つ目は、社長として、『1す。日めくりは、トイレにもあの意味があります。潜在的に刷り込んでいくためでが、この習慣を作ったのには2つに日めくりに書いてある内容をわっていると思うかもしれませんつ目は、毎日読むことで、社員日めくりを読みます。かなり変のきっかけを作るためです。2ある先代の言葉が書かれているいう目標を達成するために、話どの偉大な経営者や、創業者で日1回必ず社員と会話する』と写真上)貼ってはがせて洗濯できる、トイレの消臭シート。シールのように子どもが楽しめる。写真左)洗剤なしで汚れを落とすクリーナー。特殊な繊維でできている。35学生がミタ|すごいやん!和歌山の企業