すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012

すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 page 32/70

電子ブックを開く

このページは すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 の電子ブックに掲載されている32ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
印刷伊都郡かつらぎ町溝端紙工印刷株式会社みぞばたしこういんさつかぶしきがいしゃ【所在地】〒649-7195和歌山県伊都郡かつらぎ町妙寺464番地【TEL】0736-22-7000【創業】1947年9月【代表取締役】溝端繁樹【従業員....

印刷伊都郡かつらぎ町溝端紙工印刷株式会社みぞばたしこういんさつかぶしきがいしゃ【所在地】〒649-7195和歌山県伊都郡かつらぎ町妙寺464番地【TEL】0736-22-7000【創業】1947年9月【代表取締役】溝端繁樹【従業員】259名【URL】http://www.msp.co.jp/index.html仕事を通じ社会貢献をする意欲があるか溝端紙工印刷は1947年の創業以来、外食関連の紙製品(紙ナプキン、おしぼりなど)では国内最大手。飲食業も手がけられている、日本の食文化をリードする企業です。今回は3代目の溝端繁樹社長にお話を伺いました。が多いから大丈夫だろう、といが荒廃している。た、大手のユーザーさんと取引が全然されなくてかえって森林はり実績が強みになります。ま逆。使わなさ過ぎて伐採・間伐だと買う側も不安ですから、やる国もあります。日本の場合はし、取引したことがないところやっていて確かに使いすぎてい価格競争力もあるでしょう世界的に見れば、無計画にいうのがあると思います。が現実です。になるので、その心配がないと林が荒廃していっているというの安定しないとなると大変なことれで余計木が使われなくて、森さんだと欠品したりとか品質がに間違って認識されている。そ手のユーザーさん、チェーン店木を使うのが全て悪だという風らばってあることです。特に大てきたんですが、今の風潮では績。あとは生産拠点が全国に散うに木製品をたくさん作って使っ当社の強みはというと、実物として、日本では割り箸のよやってきたんですよ。その副産安定した生産体勢達です。だからちゃんと考えて強みは実績とたら一番困るのはその林業の人わけですから、森林がなくなっす。木を育てて売って生活しているないところの方が少ないくらいで林業というのは自分の土地で多数取引していて、取引していまっています。全国にある有名なチェーン店と林を育てていくことが法律上決たほうが近いかもしれません。同じだけ植えて、間伐もして森社というよりもメーカーといっ続可能なように、木を切ったらカーの要素が強いので、印刷会日本では昔から、森林が持紙製品を作っている紙製品メー持続可能な「木」の文化れども、飲食店さんで使われる当社は印刷会社なんですけ思います。事業内容う安心感はもっていただけると和歌山紀の川・伊都海南・海草有田・日高明るく清潔感のあるオフィスの中に複数の部署が入っています。製造ラインは大型の海外製の機械が多く、先進的な印象を受けます。田辺・西・東牟婁学生がミタ|すごいやん!和歌山の企業32