すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012

すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 page 29/70

電子ブックを開く

このページは すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 の電子ブックに掲載されている29ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
会ワ社コをン経流営社せ員よ研!修!社員のみなさんが作った模擬会社7:50朝礼8:00仕事開始製造は少し早い。(営業・事務は8:30)ウチの会社は研修が面白いですよ。製造の社員も営業の社員もバラバラに別れて、グ....

会ワ社コをン経流営社せ員よ研!修!社員のみなさんが作った模擬会社7:50朝礼8:00仕事開始製造は少し早い。(営業・事務は8:30)ウチの会社は研修が面白いですよ。製造の社員も営業の社員もバラバラに別れて、グループごとに模擬会社を作って経営します。わざと小さいユニットをつくらせて、当事者意識をもたせると同時に、意見を述べやすい環境をつくっています。私は、企業が大きくなればなるほど、社員の会社に対する当事者意識が薄れていくと感じています。例えば、製造の社員は自分の企業のお金には触れることがないですよね。そうすると、会社の売り上げが伸びているかどうかもわからないんです。社員一人一人が「私は作る人、私は営業するひと」という考え方でいれば、仕事も楽しくないだろうし、「誰のために何のために、この商品を売るのか作るのか」といった当事者意識も薄れてきます。だから、研修では自分で生み出した商品を、自らが直接売れる環境を作ろうと考え、この研修を始めました。(西田さん)社長のお話は本当にワクワクすることばかりでした。社員の育て方や企業のありかた、また、目標を達成するためにしなければならないこと。社長の考えがとても明確で、今までそれらを一つ一つ丁寧に行ってきたからこそ、ここ数年の会社の成長、社員の成長につながっているのだと思います。社員のみなさんも本当に楽しそうに働いており、また社長と同じ目標を目指しているのだと伺えました。社長や社員のみなさんが会社のこと、お客様のこと、同じ職場で働く人々のこと、すべてのことを尊重し、また感謝しながら働く姿を拝見し、私も周りの方への感謝の気持ちを忘れずにいなければならないと感じました。西田社長あってのワコン株式会社だと思うと同時に、ワコンで働く社員のみなさんあってのワコン株式会社だと強く感じます。しかし世界を目指しても、そ張ったというのは違うと思うのると思っています。私は、長時間働けば仕事を頑指していきたいですし、目指せい。12:00-12:45昼休憩社内ホールで昼食。TVを観たり、雑談したりして過ごします。15:00-15:15休憩TeaTime。甘い物が好きでよく食べています。ことですが、いずれは世界を目れるような過ごし方をしてほし17:15帰宅定時で帰宅。(営業・事務は17:30)標は、日本の物流をエコにする自分の人間力や価値観を高めらもこだわっています。現在の目ンティアに参加してみるなど、こだわると同時に、人づくりに休暇を使って旅行にいく、ボラ西田さん私は、モノづくりにを無駄に過ごすのではなく長期と感じていますよ。ただ、休日だから、社員の休日も大事だ製造リーダーの松本さん(左)と営業主任の安宅さん(右)今後の展望重要だと考えています。社員の育て方の成長も促進していくことが、製造部水本沙耶さん製造部水本沙耶さんの一日です。会社の成長と同時に、人つながっていると思います。上に会社は成長しないと思うんます。が、私の仕事のやりがいの一つになると思いますし、人の成長以働く。メリハリが大事だと思いがいきいきと働いてくれることいなければ会社はすぐにダメにり休んで会社ではおもいっきりくなりました。そうやって社員こに社員や経営陣が追い付いてで、同じ仕事内容なら、しっか29学生がミタ|すごいやん!和歌山の企業