すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012

すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 page 25/70

電子ブックを開く

このページは すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 の電子ブックに掲載されている25ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
時間のあるときに作ってみた置き物(?)だそうです。芸大出身社長がつくる快適職場環境社長の野村さんはとても人柄が良く優しそうで、それでいてちょっと厳しい。そんな印象を受けました。芸術関係の大学を卒業して....

時間のあるときに作ってみた置き物(?)だそうです。芸大出身社長がつくる快適職場環境社長の野村さんはとても人柄が良く優しそうで、それでいてちょっと厳しい。そんな印象を受けました。芸術関係の大学を卒業しているということもあってか(?)、社内の雰囲気がとても良く快適で、工業系の現場にありがちな3K(汚い、危険、きつい)といったことも感じられずとても綺麗な現場でした。また、細かく危険な作業などはほとんど機械が行い、コンピュータ管理されています。社員さん同士の雰囲気もよく、2人で声を掛け合いながら息のあった作業をされている人もいれば、私たち取材班に快く作業を見学させてくれたりといったこともしてくれました。よく、仕事と家庭どっちが大事かという質問がありますが、私の立場でいうと仕事が大切です。なぜなら、経営者ということもありますし、お金がないと家族は守っていけないからです。生活保護をもらえば守れる、というわけではないので、やはり経済的な基盤をしっかりともつことは大事ですね。家庭をおろそかにしてはいけないですが、経済的な基盤がないのに家族を大切にはできません。家族を幸せにするために、真剣に努力することが大切だと思います。そのためには、少しだけ家庭をおろそかにするのも仕方のないことなのかなと思います。(野村社長)らみれば私なんて、まだ半人前たこともありました。向こうか(は華な岡お青か洲せいしゅう)の里営や方針について、父とぶつかっやはり最初のうちは会社の運たのは35の時です。世界で初めて全身麻酔を用いた手術を成功させた人のふるさとで、奥さんは映画にもなった人です。その人の生家とか勉強した場所とかが、博物館みたいになっているところです。ここに行って、和歌山の人で一生懸命医療に貢献した偉大な人がいるんだなと感心しました。特に若い人にオススメします。日本人として世界に先駆けて医療に貢献した人のゆかりの場所を訪れるのは、勉強になると思います。また、ここには世界中から華岡青洲の精神を学びたいという方々が訪れています。和歌山だけではなく、日本が誇る偉人ですね。して、た。社29の長時とにい会う社肩に書帰をっもてらきっまきいのですよ。折り曲げ加工をする機械なかったので色々と苦労しましも、こういう面のメリットが大てきました。最初は何も知ら働者は賃金が安いという面より潰すわけにもいかないので、戻っ磋琢磨しています。外国人の労取りということもあり、会社を「負けるもんか」って感じで切係の仕事をしていましたが、跡日本人の従業員も感化されて、したので、最初はそういった関感じますね。それで、こちらの私は芸術関係の大学に進みまレッシブさというか、やる気をいくということ人にはない、仕事に対するアグ会社を受け継いで従業員もいます。彼らには日本です。して育てサポートしていくつもりかして、しっかりと次期社長とせる番ですから、私の経験も生(笑)。今度は私が子供に継がて散歩にきたと言っていましたなどないのですが。この前なんす。と、いってもほとんど業務今は相談役という立場でいま父もまだ元気なんですが、長という立場についています。にも認められ、今はこうして社分の意見を通しているうちに父ですからね。ですが、何度か自25学生がミタ|すごいやん!和歌山の企業