すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012

すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 page 24/70

電子ブックを開く

このページは すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 の電子ブックに掲載されている24ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
精密板金・プレス加工紀の川市協和プレス工業株式会社きょうわぷれすこうぎょうかぶしきがいしゃ【所在地】〒649-6503和歌山県紀の川市長田中345番地7【TEL】0736-73-3211【創業】1963年12月1日【代表取締役】野村壮....

精密板金・プレス加工紀の川市協和プレス工業株式会社きょうわぷれすこうぎょうかぶしきがいしゃ【所在地】〒649-6503和歌山県紀の川市長田中345番地7【TEL】0736-73-3211【創業】1963年12月1日【代表取締役】野村壮吾【従業員】55名(社員45名、パート・アルバイト10名)【URL】http://www.kyowa-p.co.jp/日々鍛錬日々成長企業の目的は、利益ではなく継続すること――。業務用空調機用板金・プレス部品をはじめ、高い技術力と対応力で顧客からの信頼を集める協和プレス工業株式会社。今回は社長の野村壮吾さんにお話をうかがいました。それから、当社には外国人の社のビジョンです。級技能士は十数人います。ね。そこまでいくのが、今の当には現在一級技能士は四人、二る「もの作り」を行いたいですて給料もアップしますよ。うち採用されるような、信頼性のあます。さらに技能士手当といっが広がるので、通信衛星にまでできれば、お祝い金をだしていといえば宇宙にまで仕事の範囲また資格検定に合格することがをしています。通信機用の部品仕事の効率にも反映されます。を作っている企業さんとお取引対するモチベーションも上がり、ちょうど、業務用の通信機す。資格をとれば社員の仕事に術が生かせるんです。後、勉強する時間をとっていまする通信機関係の仕事にその技すが、学科が難しいので仕事の意なので、小さな部品を必要とす。実技はそう問題ないので加工よりも薄い鉄板のほうが得をとるための勉強を進めていま関係。我々の技術は厚い鉄板の現場では技能士という資格す。それは、具体的には通信機たつことになります。一つ柱を作りたいと思っていまに応えることが、社会のお役にすが、この技術を活かしてもうきます。そして、お客様の要望機の部品作りに力をいれていまがり、いいものを作ることがでなどに使われている業務用空調ういった人がいれば不良率も下今のところは、ホテルや病院ンと答えることができます。そさせていきたいですね。あれば、お客様の要望にもキチいるので、その方面で継続発展ウをキチンと理解している人です。うちは精密板金加工をしてれています。ものづくりのノウハするのが大事だと考えています。ですから人材育成に力をいなんといっても、会社は継続いますが、モノを作るのは人で「モノづくりは人づくり」とい宇宙へ広がる仕事今後の展望人材育成に注力和歌山紀の川・伊都海南・海草有田・日高写真右)オフィス。写真左)板金折り曲げ加工の機械。田辺・西・東牟婁学生がミタ|すごいやん!和歌山の企業24