すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012

すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 page 19/70

電子ブックを開く

このページは すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 の電子ブックに掲載されている19ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
7:00出勤8:00始業「人と歩む化学でありたい」を信念に…『企業の森』ということで、バブル期に乱獲された和歌山の木々を復活させようと、平成18年度から10年間、日高郡日高川町の1.17hの土地を借り社員とその家族....

7:00出勤8:00始業「人と歩む化学でありたい」を信念に…『企業の森』ということで、バブル期に乱獲された和歌山の木々を復活させようと、平成18年度から10年間、日高郡日高川町の1.17hの土地を借り社員とその家族で苗木を植え年に1~2回山に登って手入れを行っています。午後にはバーベキュー大会や日高川町の散策、特産物や森林の素材に触れ体験コースを楽しんでいます。社員旅行は2年に一度行っており、平成23年秋には石川県の温泉、過去には北海道・沖縄にも行きました。その他にも保養所やリフレッシュ休暇を取り入れています。また「和歌山一きれいな工場にしよう!」を目標に掲げ、5S活動(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)で自分達の職場は自分達で働きやすい美しい工場にしようと取り組んでいます。活動の源は研究力であるとして、改善提案制度で意見を幅広くボトムアップし、良いものには社長賞などが与えられます。(総務部/松村耕次さん)中小は今が採用のチャンス、ということで、優秀な人材があれば毎年1名は研究開発職を採用していく目標です。当社では部署を問わず、技術者を採用するウエイトが高く、一番重視するのは積極的に当社に入社したいという意欲、熱意ですね。「どうしても入りたい。」という想いを拝見しています。また、経済産業省が提言している「社会人基礎力」も必要だと思います。特に日本の社会人基礎力は低いと言われているので是非身につけておいて欲しいです。(総務部/松村耕次さん)※社会人基礎力…経済産業省が2006年から提唱している『職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力』。「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」の3つの能力(12の能力要素)から構成。http://www.meti.go.jp/policy/kisoryoku/index.htm会社のパンフレットだけでなく、松村さん私もホームページやので。16:00~17:00終業19:00帰宅22:00専門知識の自習(通信教育の教材で勉強など)23:00就寝ちなみに、休みの日には野球をしてリフレッシュしています。プも大きくなってしまうと思うの大きな野心が伺えます。実際に見ていなければ当然ギャッ成二十四年度指針。竹田社長は自分の経験からもあります。和歌山精化工業株式会社の平囲気を感じて頂きたいというのね。会社に足を運び、その会社の雰できる会社を選んでほしいです笠谷さん極力、実際に自分でを磨くチャンス」と捉え、成長社員の一日について記入中。少し恥ずかしそうにされていました。総務部笠谷悟史さんの一日う考えではなく、「仕事は自分社が一生面倒を見てくれるといし就て職の活ア動ド中バイのス学生に対して頂きたいです。そして、会れ、自分に適合する会社を志望OG訪問を積極的に取り組まあろう人と話をしたり、OB・ています。目で見て、自分の上司になるでを取得し、国際市場競争に備え働くところを出来る限り自分の社員さんとの集合写真。左から松村耕次さん、高橋弘樹、田中章志、笠谷悟史さん。19学生がミタ|すごいやん!和歌山の企業