すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012

すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 page 16/70

電子ブックを開く

このページは すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 の電子ブックに掲載されている16ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
各種半導体評価用測定機器及び検査機器、エレクトロニクス制御機器の開発製造・販売和歌山市阪和電子工業株式会社はんわでんしこうぎょうかぶしきがいしゃ【所在地】〒649-6272和歌山市大垣内689-3【TEL】073-477-44....

各種半導体評価用測定機器及び検査機器、エレクトロニクス制御機器の開発製造・販売和歌山市阪和電子工業株式会社はんわでんしこうぎょうかぶしきがいしゃ【所在地】〒649-6272和歌山市大垣内689-3【TEL】073-477-4435【創業】1966年10月【代表取締役】長谷部巧【従業員】79名(パート社員含む)【URL】http://www.hanwa-ei.co.jp/Never stop producing theglobal high technologies.主に半導体デバイスの機能評価用測定機器、検査機器を製造・販売している阪和電子工業株式会社。代表取締役の長谷部巧さんと、取締役総務部長の出口龍正さん、総務部の西出陽一さんにお話を伺いました。れが悪さをして壊れてしまう場いてすごく熱心に説明していがやはりとても嬉しくて、売れ気が発生することがあって、そに対応してもらって、会社につ成して、喜んでいただけたとき半導体は製造工程の中で静電その時、当時の社長(創業者)お客さんが希望されたものが完発しています。会社を紹介してもらいました。るものを作っているわけですが、か、信頼性を検査する装置を開西出さんある人からこちらのものづくり企業なんで、形のあそれがちゃんと機能しているの長谷部さん私たちは基本的にタのようなものなのですが、入社のきっかけす。製品を制御するコンピュー仕事の楽しみ最近だと車にも使われていまか?スマートフォン、パソコン、黒い四角のチップはご存知ですいます。コンに使われている、半導体の開発も、新規事業としてやってることに決めました。長谷部さん携帯電話とかパソ起こっているかを検査する装置のうに身近に感じて、そのまま入ネルの内どのパネルで不具合が的で、母親から言われているよる装置や、複数枚ある太陽光パて。話をしていたらすごく家庭製品について起こす静電気を『見える化』すよ、っていう話をしていただい阪和電子の現在はいろいろな所で問題を造もやってもらわないとあかん部分は外注しています。は総務だけど、営業も技術も製ます。実際に基盤やメカを作るただきました。配属部署としてなソフトウェアの開発もやってい携帯電話の中にも半導体部品がたくさん使われています御、ユーザインタフェースのようあれば、メカの制御、電気の制また、取引先からの注文がの主力の製品です。管理に不可欠な検査装置が当社いうのもあって、半導体の品質弱くなってきているんです。そうていて、静電気にめちゃくちゃ半導体って細かく小さくなってき合があるんです。特に最近は、西出さん和歌山紀の川・伊都海南・海草有田・日高田辺・西・東牟婁学生がミタ|すごいやん!和歌山の企業16