すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012

すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 page 13/70

電子ブックを開く

このページは すごいやん!和歌山の企業●和歌山県企業ガイドブック2012 の電子ブックに掲載されている13ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
8:30ごろ出社若手の方が積極的?!記念日のための有給取得も!仕事と家族は両方大切ですよね。仕事あっての家族であり、逆もしかりです。ですが、休日でもこれといって家族サービスはしていないですね。やはり仕事....

8:30ごろ出社若手の方が積極的?!記念日のための有給取得も!仕事と家族は両方大切ですよね。仕事あっての家族であり、逆もしかりです。ですが、休日でもこれといって家族サービスはしていないですね。やはり仕事は大変なので休日はゆっくり休みたいというのが本音です。いつかしっかり家族サービスをするつもりでいるんですが、なかなか機会がないです(笑)。ですが、やはり今の若い人たちは、結構家族サービスをしていると聞きます。そういう日に有給を取る人もいるようですよ。私も若い人のこういうところは見習っていきたいです。今後、会社も結婚や誕生日などの記念日の休暇制度を設けるようにしていきたいですね。(人事担当者)9:00ミーティング部内で一日の予定や実験内容を確認。9:15実験開始実験装置や分析機器をスイッチON。反応の進行状況を確認するため、分析などを行う。12:00昼食社員食堂でゆっくり、同僚との会話でリラックス。13:00業務再開時間を見計らって明日の実験内容を検討。顧客や各部署へのメール送信、前日までの反応結果などの分析まとめを行う。16:00実験終了容器や道具の洗浄や片づけ。分析装置の停止。明日の実験セットの準備をして、17:30には退社。大手メーカーの要望や価格に合わせて新製品の開発や、既存製品の改良研究を行うのがメインの仕事。化学会社にとって開発・研究は心臓部といったところ。反応時間の延長や分析などで残業となることもしばしば。また、メーカーとの打ち合わせで出張もある。研究員さんの一日やはり、化学を扱っているので、その方面の方に来ていただきたいですね。研究職を希望するのであれば、できれば院を出ている方がいいです。最近の学部生は、授業などで研究をあまりしていないようで、院卒のほうが研究の経験もあっていいですしね。面接をする際に一番見るのは、積極性と明るさ。バイタリティのある人がいいです。製造職を希望される方はチームワークで作業することが多いので、コミュニケーションを大切にできる方、行動力がある方を希望します。今後就職を考えている方、まずはあなたの興味のある産業分野を調べ、その中の業界、企業といった順序で会社を選択してみてください。きっと自分にあったいい会社があると思います。関心のある方はぜひ、HPからエントリーして下さいね。(人事担当者)私自身、同じ立場にいたことがをいつまでも忘れないことですね。しかったあの感動。あの気持ちが製品として完成した時の、嬉時の話ですが、研究したテーマと。私がまだ研究職をしていたそれと、初心を忘れないこだと思います。います。助け合いの精神が必要ね。一緒に飲みに行ったりもして満を聞いてあげることが一番ですくことが必要です。例えば、不よく仕事ができるようにもってい上司としては、部下が気持ち下の気持ちはよく分かります。大事にしていることあるので、今研究をしている部写真上)反応機写真下)クリーンルーム13学生がミタ|すごいやん!和歌山の企業